ラクト・ジャパンのESG

ESG推進体制

ラクト・ジャパンでは、経営会議や管理職会議等でESGに関する全般的な議論を始めるとともに、勉強会等を通じて知識の共有や状況の把握を進めています。

 

現在は、コーポレートスタッフ部門が中心となり管理部門管掌の役員をトップとするCSR・ESG推進プロジェクトチームを結成し、社内での浸透や活動を推進しています。その中において、重要度が高いCSR・ESGを起因とする問題が認められた場合には、必要に応じて、取締役会に議題として上程され、社外取締役を含む役員全体で議論されています。

ステークホルダーエンゲージメント

ラクト・ジャパンを取り巻くステークホルダーには、株主・投資家、従業員、販売先を含めたお客様、仕入先、消費者などがあります。また、農林水産省をはじめとする行政とも情報や意見の交換を行っています。

 

仕入先は、当社の厳正な品質基準等をクリアした乳製品原料、食肉等のグローバルメーカーです。仕入先の生産現場における課題改善や生産量等の折衝を通じて、双方にメリットある対話を行っています。

 

販売先は、乳業、菓子、飲料をはじめとした国内の大手食品メーカーや飼料メーカーなどが中心です。販売先が付加価値の高い乳製品を開発する場合などにおいて、当社の強みである乳製品原料に対するノウハウの共有、提案を通じて、長年にわたり良好な関係が保たれています。