アジア事業

シンガポールにある現地法人Lacto Asia Pte Ltd.を中核企業として、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、中国に子会社および関連会社を設立し、事業展開を行っています。アジアでは乳原料販売事業(商社事業)とチーズ製造販売事業の二つの事業を展開しています。

 

乳原料販売事業は、世界各国から調達した乳原料の輸入販売が主なビジネスです。販売先は、食品メーカー、フードサービス(レストランチェーン、カフェ等の外食産業)などで、日本で培った食品原料商社としてのノウハウを活かし、アジアに進出している日系企業並びにローカル企業向けにサービスを提供しています。

 

また、商社でありながら、製造部門を併せ持っていることは当社の特徴です。チーズ製造販売事業では、シンガポールとタイにある自社工場でオリジナルブランドの業務用プロセスチーズを製造し、アジア各国のお客様に販売しています。

その他事業

新規事業として機能性食品原料の販売も行っています。近年、食品業界では「健康」をテーマに機能性を高めた食品の開発ニーズが高まっています。ラクト・ジャパンはこうしたお客様のニーズにお応えすべく、乳由来の高たんぱく食品原料である乳プロテインをはじめ、コラーゲン、グルコサミン、ナッツ類などの機能性が訴求できる商品の販売を拡充しています。今後もお客様のニーズに対応し、新たな原料の取扱いを増やしてまいります。