‘乳製品情報/ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

【2011年5月】脱脂粉乳・全脂粉乳情報

2011年5月31日

サマリー

年明けから約10週間、粉乳相場は高値推移が続いたが、3月中旬頃から下がり相場に転じた。その後約1ヵ月程度続いた下がり相場も落ち着き、現在は横ばいの値動きとなっている。今後は殆どの産地で増産が期待されるが、底堅い乳製品需要が続いていることもあり、当面大幅な価格下落は期待しづらい。

【2011年4月】脱脂粉乳・全脂粉乳情報

2011年4月30日

サマリー

今月に入ってからの粉乳相場は横ばいで推移して、後半には徐々に弱含みに転じた。相場が高騰を続けたことでオセアニアの供給力が弱くなる夏(7~9月)までの必要数量を確保した需要の先取りによって徐々に弱含みの兆しが見え始めた。

【2011年4月】バター情報

2011年4月30日

サマリー

EUでは現地取引バター価格が一本調子での上がり基調がようやく止まり3月後半よりようやく下がり始めた。クリーム価格も徐々に下落してきていることもあり、他乳製品の動きも見ながら価格帯を探る動き見られる。しかし世界的に介入買入価格の倍近い価格であり高値圏乳脂肪タイトの基本路線は変わっていない。

【2011年4月】ホエイ情報

2011年4月30日

サマリー

昨年12月から強含みの展開であったホエイパウダー相場は、3月に入り一旦上昇がストップしている。非常にタイトな状況であった供給も一時的に緩和してきた模様、一部ではスポット売りを行っているメーカーも出てきたようである。WPC-34についても価格上昇がストップしたようだが、供給は引続きタイトな状況に変化は無い。

【2011年4月】カゼイン情報

2011年4月30日

サマリー

カゼイン相場は引続き高値安定している。供給国である米国では国内需要を優先していることや乳製品全般の需要が強いことで、一部ではカゼインの生産量が減るとの見方もある。今後もしばらく、カゼインの生産状況には注視する必要がありそうだ。

【2011年4月】乳糖情報

2011年4月30日

サマリー

乳糖相場は4~6月積みの価格交渉の結果、欧州産は30%、米国産も5~30%強の大幅値上げとなった。旺盛な需要に対し、供給側はバター/脱脂粉乳の生産を優先してチーズ/ホエイの生産量を少なくさせていることが乳糖生産の減少を招いている。

【2011年4月】チーズ情報

2011年4月30日

サマリー

-2010年EUの生乳・チーズ生産量-
2010年のEUの生乳生産量が発表され、前年比135.5千トン増(1.6%増)の135,532千トンという結果となり、チーズ生産量は前年2.5%上回る結果となった。EU域外からの特にロシアからのチーズに対する需要増加によりチーズが高値にて推移したことや、前述の通り乳価が向上したことが要因として挙げられる。
-米国CME相場-
チェダーチーズCME相場(シカゴ先物相場)は4日に2008年7月来の最高値である約4,454/MT (現地倉庫庫前渡し)を記録。しかしその後は春休みの季節に突入し、学校向けの学乳需要が低下したため生乳がチーズ等の乳製品生産へ回ったことから価格が急落する動きとなった。