‘乳製品情報/ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

【2011年02月】国内情報

2011年2月28日

サマリー

12月の全国生乳生産量は632,110トン(前年比3.6%減)で、15ヶ月連続の前年割れとなった。2010年(1~12月)を
通して見ても、7,220,382トンで前年比2.4%減となり、3年連続で800万トン割れ。猛暑の影響から、特に都府県での
生乳生産量減少が著しく、12月としては異例の移出量となった。今のところ、生乳生産量回復の見通しは立っていない。

【2011年1月】脱脂粉乳・全脂粉乳情報

2011年1月31日

サマリー

粉乳主要輸出国であるNZの干ばつ、豪州の大雨、EUの大寒波の悪天候により乳製品生産計画に狂いが生じており、需給に不透明感が漂っている。その影響から脱脂粉乳、全脂粉乳の価格はやや強含みで推移している。

【2011年1月】バター情報

2011年1月31日

サマリー

バターについてもEUの大寒波による影響や豪州の悪天候、その他にもトウモロコシをはじめとする飼料価格の高騰により、乳脂肪についても世界的にタイトな基調となっている。残念ながら今のところ改善する要因は余り見当たらない。

【2011年1月】ホエイ情報

2011年1月31日

サマリー

ホエイパウダーは、生産量は安定しているものの引き続き需要が堅調なことからタイトな状況が続いており、一部船積みについても遅れが生じている模様。ホエイ品の大量輸入国である中国が旧正月を2月初旬に迎える辺りまでは、需給緩和は見込めないと思料する。

【2011年1月】カゼイン情報

2011年1月31日

サマリー

カゼインは相場、需給状況とも現状は安定しているものの、オセアニアやEUの悪天候の影響から安定状況が崩れる事を懸念する声も聞かれるようになってきた。

【2011年1月】乳糖情報

2011年1月31日

サマリー

乳糖相場の 2011年 1-3月積み価格は欧州産は概ね10~12月と据え置きで、北米産は小幅な値上げで契約を終了した。需要面ではこれまで牽引していた育児粉乳向用途を中心に、中国をはじめとした東南アジア地域の強い引き合いが依然続いていることから2011年も需要が弱まることは考えにくい。

【2011年1月】チーズ情報

2011年1月31日

サマリー

– オセアニア産チーズ・デンマーク産チーズ 2011年1-6月積み価格 -
12月号で速報したオセアニア産チーズ及びデンマーク産チーズ2011年1-6月積み価格が12月初旬に決着した。
オセアニア産チーズにおいてはチェダーチーズで前回比約2%値上げ、一方、デンマーク産チーズに関しては当初の提示価格の通り2010年7-12月積み価格比約5%の値下げにて決定した。
- 米国 CME、チーズ市場 -
米国の2010年1月~10月のチェダーチーズ生産量は約123万トンで前年同時期と比較して約6,700トン増    (約0.5%増)、モザレラチーズ生産量は約131万トンで前年同時期比約 約8,500トン増(約6.9%増)となった。