‘乳製品情報/ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

【2010年11月】脱脂粉乳・全脂粉乳情報

2010年11月30日

サマリー

過去1ヶ月の粉乳相場は安定的に推移したが、脱脂粉乳については10月後半よりやや弱含みの展開となった。各主要生産国の脱粉在庫は徐々に積み上がる一方で国際市場からの引き合いは低調だった。全脂粉乳は、NZの不調も影響して、堅調な相場推移となっている。

【2010年9月】国内情報

2010年9月30日

サマリー

8月の全国生乳生産量は631,756トン(前年比3.2%減)と、11ヶ月連続で前年割れとなった。北海道の生乳生産量も328,259トンで前年比1.6%の減産へと転じた。今夏の記録的な猛暑の影響による乳牛の夏バテや死廃が原因で 生乳生産が大幅に減少、生乳不足が深刻化した。

【2010年9月】チーズ情報

2010年9月30日

サマリー

-イタリア産ハードチーズの売り上げが好調-

現在、イタリア産ハードチーズの売上高が、EU及び米国でのパルミジャーノ・レッジャーノ及びグラナパダーノの 需要増加によりに上昇している。またイタリア国内での両チーズ在庫水準が低くなっており価格相場上昇の一因となっている。

-ドイツのナチュラルチーズ生産量が増加-

2010年上半期のドイツにおけるナチュラルチーズ生産量は、国内の好調な生乳生産を追い風に前年同時期と   比較し増加する結果となった。ドイツの乳業メーカー各社では、強いチーズ需要(特に輸出関連)の影響を受け、生乳の加工用途をチーズ生産へシフトした。その結果、生産量が引き上がった結果となった。

-米国 CMEチーズ市場-

2010年9月のCMEマーケット価格は徐々に価格が上昇し9月29日の時点で約USD3,859/MT (メーカー倉庫前渡し価格)となっている。米国では季節的要因により、チーズ生産は比較的低調にて推移している。

【2010年9月】乳糖情報

2010年9月30日

サマリー

 乳糖からより安価なパーミエイトに置き換えられる中国の動きもあり、今月の乳糖相場については、価格上昇の動きは軟化している。需給がタイトな状況が完全に改善されたわけではないが、当面はこのまま相場が安定して推移するとの見方が多い。

【2010年9月】カゼイン情報

2010年9月30日

サマリー

カゼイン相場は引き続き高値安定で推移している。9月に入ってから第四四半期(10月~12月)の引き合いがスタートしているが、買い手サイドからは第三四半期(7月~9月)に比べ値上げになってしまうだろうとの声があがっている。

【2010年9月】ホエイ情報

2010年9月30日

サマリー

 また米国産ホエイパウダー相場は概ね横這いで推移。一方のEU産ホエイパウダー相場は上昇を続けている。今後は生産が落ちてくる事に加え、クリスマスシーズンに向けた需要期に入る事もあり、ホエイの需給が今以上に緩む事は考えづらい。

【2010年9月】バター情報

2010年9月30日

サマリー

バター相場については、先週のオランダ公定価格は若干の上げが見られたことや豪州の乳脂肪逼迫感が強いこと、その他に穀物価格が上昇している影響もあり今後価格上昇の予想がされている。特にロシア向けバター輸出が増加を続けた場合には、冬の需要期に一気にバター不足になるとの懸念が生じている。