‘乳製品情報/ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

【2011年1月】国内情報

2011年1月31日

サマリー

11月の全国生乳生産量は600,134トン(前年比4.1%減)と大幅な減産となった。14ヶ月連続で前年割れとなる。 北海道の生乳生産量も304,554トンで前年比2.3%減、4ヶ月連続で減産となった。12月に入っても依然、減産傾向は変わっていない。通常、猛暑の年でも11月になると回復の兆しがみられるが、生産が回復していない。

【2010年12月】脱脂粉乳・全脂粉乳情報

2010年12月29日

サマリー

11月に入り粉乳国際相場は横ばいもしくは堅調に推移している。10月後半には、脱脂粉乳、全脂粉乳ともに相場は弱含みで推移したものの11月に入り安定的に推移している。特にオセアニア産の粉乳については、供給量に 余裕はなく、年明けの船積み数量については売り過ぎを警戒して慎重に対応しているようである。

【2010年12月】バター情報

2010年12月29日

サマリー

EUの乳量は好天気の影響もあり堅調地合いとなり、価格については若干値を下げる動きを見せた。年末にかけてはクリスマス需用が一段落したところで現状維持又は若干の下げが予想される。一方の米国では感謝祭明けにバター価格が急落。こちらは米国での生乳生産量の増加が影響している模様。

【2010年12月】ホエイ情報

2010年12月29日

サマリー

米国産ホエイパウダーは需給が非常にタイトな為、ホエイ相場も引き続き強含みでの推移となっている。スポット的な引き合いについてもオファー入手が非常に難しくなっている。需要増により上昇トレンドに入った可能性が高い。

【2010年12月】カゼイン情報

2010年12月29日

サマリー

オセアニア地域において生乳生産が最も活発に行われる時期に差し掛かっており、カゼイン生産量は季節的な  伸びを示している。しかしながらカゼイン以外の乳製品の需要が堅調でそちらにも原乳を回す必要があり、若干当初の見込みよりを下回る生産水準であると伝えられている。

【2010年12月】乳糖情報

2010年12月29日

サマリー

生乳やチーズの生産が堅調に推移している影響もあり乳糖の生産も好調を維持している。昨年から慢性的に続いていた供給面においての不安は払拭されつつあり、概ね需給は安定方向に向かっていると言える。

【2010年12月】チーズ情報

2010年12月29日

サマリー

-速報  オセアニア産チーズ デンマーク産チーズ価格交渉-
オセアニア産チーズの2011年1月-6月積みの価格交渉が11月第3週よりスタートとなった。現在オセアニア側  より提示されている価格は前回比数パーセント値上げにて案内されているが、未だ妥結には達していない。一方、デンマーク産チーズ価格は前回と比較して若干の値下げとなっている。