‘乳製品情報/ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

【2010年9月】脱脂粉乳・全脂粉乳情報

2010年9月30日

サマリー

中国、東南アジア、ロシアを初めとした国際市場からの需要が好調で9月に入ってからの粉乳国際相場は堅調に推移している。現在の上昇相場の状況では、購入のタイミングが非常に難しく相場が反転した時に引き合いが集中する可能性が高い為、今後の相場動向を注視する必要がある。

【2010年8月】国内情報

2010年8月31日

サマリー

7月の全国生乳生産量は660,598トン(前年比1.1%減)と、10ヶ月連続で前年割れとなった。乳牛の夏バテによる生乳減産が顕著で、需給逼迫の可能性も否定出来ない。今後の需給のバランス、そして生乳生産量を大きく左右する天候 には目が離せない。

【2010年8月】チーズ情報

2010年8月31日

サマリー

=グリエールチーズのPDO名称=
8月第3週、フランスグリエール生産者協会はEU委員会に対しフランス産グリエールチーズのPDO(Protected Designation of Origin:原産地呼称統制)の権利を取り下げた事を発表した。以後フランス産グリエールに関しても「グリエール」の名称で今後販売する事は可能だが、商品にPDOラベルを付してグリエールを販売することはできない。
=米国 CME、チーズ市場 =
2010年8月のCMEマーケット価格は徐々に価格が上昇し8月27日の時点で約USD3,740/MT (工場出し値)となっている。価格上昇の要因として、夏の需要期に入りチーズに対する 引き合いが強かった事が要因と予想する。

【2010年8月】乳糖情報

2010年8月31日

サマリー

乳糖相場は引き続き堅調推移する中、特に目立った動きはなく安定して推移している。引き続き育児粉乳用途、蛋白調整用途に加え、菓子原料などの季節的要因、また現在、砂糖相場が堅調に推移していることから、砂糖からの代替需要も加わると思われ、需要面では強い引き合いが続くものと思われる。

【2010年8月】カゼイン情報

2010年8月31日

サマリー

カゼイン相場は酷暑に見舞われているロシアからの引き合いが強く堅調に推移している。一方ではオセアニア地域の生乳生産量が今のところ前年比プラスと好調に推移している模様。シーズンオフを迎える冬までに在庫を積み増す事が出来るか注目が集まる。

【2010年8月】ホエイ情報

2010年8月31日

サマリー

米国産ストレートホエイパウダー相場がやや軟調に推移 する一方、WPC相場は高タンパク品への需要が高まっており堅調な推移となっている。今後も先行き不透明の展開がまだ続きそうである。

【2010年8月】バター情報

2010年8月31日

サマリー

現状、各供給国の在庫水準は薄く、需要者であるロシアや中東その他アジア諸国からの引き合いも強い模様、特に輸入量が世界一のロシアは猛暑干ばつの影響から輸入量増加傾向にあり価格上昇要因をなり得る可能性がある。