「周りの人を笑顔にできるように、頑張っていきます!」

2015年入社 財務部/上智大学 総合人間科学部卒

キャリア

私の就職活動は最初から特定の業界に絞っていたわけではなく、「人を笑顔に出来る仕事がしたい」という思いから、様々な業界をみていました。大学では映像制作のサークルに所属していたので、広告業界にも興味がありましたし、また大学で学んでいる心理学を活かせる仕事にも興味がありました。そして何より、私は食べることが大好きなので、最終的に一番興味を持ったのは食品業界でした。

食品関連と一言で言っても、私は食品メーカーではなく、食品メーカーに原料を供給している企業に興味を持ちました。商品そのものを作る、というよりも、モノ作りを支える、という領域にやりがいを感じたのだと思います。

ラクト・ジャパンに入社をするきっかけとなったのは、説明会の際の社員同士のやり取りがフランクで、とてもいい雰囲気だなと思ったことが理由の一つです。ちなみにですが、右の写真は社員旅行の際に、同期でダンスを踊った時のものです。

入社後は、財務部に配属になりました。現在は海外への送金や、入金の処理、また為替予約など、様々な業務を担当しています。毎日億単位のお金を取引しているので、プレッシャーは大きいですが、同時にとてもやりがいを感じています。企業の要となるお金に直接関わっているので、絶対にミスの許されない大切な仕事であり、私が最後の砦のつもりで、日々、緊張感を持って仕事をしています。

学生時代

大学では、映像制作のサークルに所属し、定期的に活動していました。同時に、様々なアルバイトにも取り組みました。

 

 ・外食チェーン
 ・塾の講師(1対複数の講師で、対象は小学生、高校生です)
 ・ホテルの配膳 
 ・お寿司屋さん(着物で対応するような高級なところです!)
 ・ショップスタッフ
 ・イベントスタッフ
 ・大手建設会社の社員食堂の配膳

 

などなどです。

アルバイト情報サイトで探したものもあれば、アルバイトを通じて知り合った方にお誘い頂いた仕事もあります。
特に、自分で着付けが出来るようになること、お寿司屋さんで働くことは小学生の頃からの夢だったので、学生時代にしか出来ない貴重な体験でした!
また、アルバイトで稼いだお金は、全て旅行に使っていました。国内・海外を問わず、旅行をするのが大好きです。
旅先のおいしいものを食べたり、雄大な自然に身を委ねたりすることでリフレッシュ出来、帰ってからも頑張ろう!という気持ちになります。

今後の目標

事務の仕事の中には、単純作業のような仕事もあります。でも、それを単にこなすだけではなく、一歩踏み込んで、より仕事がスムーズに進むように提案ができるようになりたいです。今はまだわからないことも多く、何かあった時には同じ部署の先輩に助けてもらうことばかりですが、今後はもっと知識を付け、自分で判断し、提案をすることで、社内の生産性を高めていきたいと思っています。

自分の行動で周りの社員が少しでも働きやすくなるよう、頑張りたいです。

そして、きちんと仕事とプライベートのバランスも取っていきたいと思っています。仕事だけでもなく、プライベートだけでもなく、どちらも全力で楽しめるよう(仕事を頑張って、たくさん美味しいものを食べて、いろんなところを旅行したい…!)、その両方を充実させていきたいです。

みなさんへのメッセージ

社会人になるまでは、とても視野が狭かったと思います。私の就職活動は、周りが皆やっているから、卒業したら就職しないといけないから、という義務感が強かったというのが本音です。また、周囲には大手企業に入らなきゃ、という人が多かったように思います。でも、いま振り返って思うのは、自分の知らない仕事や生き方がたくさんあるということです。極端な話、就職をすることだけが全てではないと思います。

就職活動の真っ最中には、きっとそういうことを考える余裕はないかもしれません。どんな道でもいいと思います。迷った時には一歩立ち止まって、色々な生き方を探してみてほしいと思います。

エントリー

※1  4月5日をもちまして、「総合職」のエントリーを締め切らせていただきました。
   4月5日以降にエントリーをいただいた方には、追加募集を行う場合のみ
   ご案内をさせていただきます。

 

※2  4月25日をもちまして、「一般職」のエントリーを締め切らせていただきました。
   4月25日以降にエントリーをいただいた方には、追加募集を行う場合のみ
   ご案内をさせていただきます。