株式会社ラクト・ジャパンは、2017年9月8日に東京証券取引所市場第二部から同市場第一部銘柄に指定されました。

 

当社グループは、乳原料・チーズ、食肉加工品等の輸入を主とする卸売および海外子会社によるチーズの製造・販売を行う食品事業を営んでおります。

ラクト(Lacto)はラテン語で「乳」を意味する言葉。私たちラクト・ジャパンは、国内屈指の規模と調達力を誇る乳製品原料に加えて、食肉加工品を扱う専門商社です。

日本の乳製品消費量は拡大を続けてまいりましたが、国内酪農業の生産力不足により約35%を輸入に依存しています。今後食の多様化が進むアジアでの需要が膨らむため、乳製品原料の世界的な不足が予測されます。当社は、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパで調達拠点を、中国やシンガポールなどアジア諸国では製造・販売拠点を展開しており、国内市場への安定供給と、アジア市場での事業拡大を目指しています。

チーズやバター、お菓子の原料、健康食品や医薬品など、乳製品は私たちの日常生活に欠かせません。当社は“食”を通じて社会の課題を解決し、人々の豊かな暮らしと健康に貢献し、社会とともに成長・発展し続ける企業を目指しています。

当社では、市場のルールに基づいた透明性の高い経営体制のもとで、株式公開企業としての社会的責任を果たし、継続的な企業価値向上を図ってまいります。株主・投資家のみなさまには、中長期的な視点から一層のご指導ならびにご支援を賜りますようお願い申し上げます。