調達先の選定

私たち食品専門商社にとって仕入先の選定は安全性確保の第一歩です。
単に価格面だけを基準に調達先を決定することはありません。
品質や技術力はもちろん、「各生産プロセスにおいて十分な安全管理体制が構築されていること」をサプライヤー選定の必須条件にしております。
さらに実績や財務上の安定度などを総合的に勘案する必要もあり、私ども自らが現地に赴き自分の目で確認し、安全性を確かめています。

管理・検査体制

ラクト・ジャパンでは、仕入先の製造工程にまで及ぶ管理・検査体制を確立しております。定期的に現場訪問し、専門商社として長年培ったノウハウを基に、厳しいチェックを行っています。また海外・国内における物流段階においても、サンプル検査や第三者機関による品質検査などを実施するなど、厳格な体制を敷いています。

リスクマネジメント体制

商品の納入までの間に生じる不測の事態への対応は、商社として重要な役割の一つです。
速やかに代替品を調達することはもとより、原因究明や再発防止策の策定など、トップから現場スタッフまで全社が一体となったリスクマネジメント体制を構築しています。これらの体制をより一層強化するため、平成28年12月より「品質統括運営室」を設置しております。